古代農業-Sataf遺跡[イスラエル]

Sataf遺跡は、Har Eitanの東、エルサレムの西縁に位置します(31°46′9″N 35°7′38″E)。Sataf遺跡への入植は約6000年前のカルコリッチ時代(Chalcolithic Period: 新石器時代の農業社会と、青銅器時代の都市社会の間の期間、カルコリックとは「銅の時代」を意味する)に始まり、テラスの建設は約4,500年前に始まったとされています。Sataf遺跡は第二神殿の時代とビザンチン時代に最大規模となりました。クルセイダー時代とオスマン帝国時代にも繁栄しました。その後、1948年のアラブ – イスラエル戦争中に過疎化しました。Ein SatafとEin Bikuraの泉から放水は灌漑に用いられ、ブドウ、オリーブ、アーモンドなどが栽培されるテラスへ水を供給していました。現在、古代の農場テラスが復元され、オリーブの果樹園や農園を見ることもできます。この湧き水の起源を探るために、泉水を採集しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加