「 R備忘録 」一覧

Rの分岐処理

Rの分岐処理

Rで条件を判断して分岐処理を行うには、「if」と「switch」などを用います。「switch」による条件判断は、文字列比較によって行われ...

記事を読む

規則的なファイル名の生成

規則的なファイル名の生成

パラメータ等を変えて繰り返し計算をした結果を、それぞれ異なるファイルに出力したい時があります。sprintf()やpaste()を用いて規...

記事を読む

分布境界を示す凸包

分布境界を示す凸包

数学における凸包(とつほう、英: convex hull)または凸包絡(とつほうらく、英: convex envelope)は、与えられた...

記事を読む

geoshpereパッケージdestPoint()

geoshpereパッケージdestPoint()

RのgeoshpereパッケージのdestPoint()を用いて、地点(Po)から任意の方位・距離にある地点の経度・緯度(Px)を求めるこ...

記事を読む

NetCDF(Rでの利用)

NetCDF(Rでの利用)

NetCDF形式は気候データを配信するために広く使われているフォーマットで、データサイズが多くなりがちな多次元データによく利用されています。...

記事を読む

R scale関数でデータの正規化

R scale関数でデータの正規化

正規化とは? データフレームの各列の単位が異なる場合があります。その場合、各変量を平均が0、分散が1となるよう変換(正規化)することがあり...

記事を読む