EA-IRMS

EA-IRMS (Elemental analyzer isotope ratio mass spectrometer)には、試料を燃焼して発生する二酸化炭素ガス(CO2)、窒素ガス(N2)、二酸化硫黄ガス(SO2)に炭素・窒素・イオウの同位体比を測定する方式(通常、「EA-IRMS」)と、試料を高温熱分解し発生する一酸化炭素ガス(CO)の酸素・水素同位体比を測定する方法(通常、「TC/EA-IRMS」、時には、HTPC-IRMS、HTCR-IRMSと呼ばれている。)があります。これらの方式では、1)試料を酸化あるいは還元し、2)ガスクロマトグラフあるいは吸着カラムでガスを分離後、3)インターフェース(リファレンスガスの導入やガス濃度調整装置)を介して質量分析装置のイオンソースに連続的に導入して、同位体比を測定します。2017年10月には、研究室にElemental社製のEA-IRMSが導入されました。環境試料の同位体分析に活用する予定です。

Isoprime+Pyro Cube

  • このエントリーをはてなブックマークに追加