Across the Movius Line – Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene

2017.11.18–19の2日間、International Workshop “Across the Movius Line – Cultural Geography of South and Southeast Asia in the Late Pleistocene”が東京駅近くのINTERMEDIATHEQUE(JP Tower Museum)に参加し、”The Late Pleistocene environment in South and Southeast Asia”というタイトルの講演を行いました。気候モデルで予測された最終氷期の乾湿(下図)が初期現生人類の行動に影響を及ぼした可能性を論じました。

気候モデルで推定されたアジアの最終氷期最寒期(LGM)の乾湿(赤いところ現在より湿潤、青いところは乾燥)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加