Tel Dan自然保護地区 [イスラエル]

ダン(Dan)は旧約聖書に登場する町の名前である。ヨルダン川上流にある現在のテル・エル・カディ(アラビア語:تل القاضي、意味:「さばきの丘」)のことで、イスラエル名をテル・ダン(アルファベット表記:Tel Dan、ヘブライ語表記:תל דן 、意味:ダンの山)と言います。聖書の創世記14章14-15(アブラムは身内の者が捕虜になったのを聞き、訓練した家の子三百十八人を引き連れてダンまで追って行き、 そのしもべたちを分けて、夜かれらを攻め、これを撃ってダマスコの北、ホバまで彼らを追った)では、アブラムがロトの捕虜を追いかけた場所として記されています。テル・ダン自然保護区では1年を通して大量の放水があり、ヨルダン川の3つの水源のうち最も重要ななものとなっています。テル・ダン自然保護区は、車椅子でも散策できるハイキングコースを含め3つのコースが設けられており、緑、木陰、水だけでなく考古遺跡( 紀元前900年頃のものとされる祭壇遺跡 )を楽しめます。今回は、ヨルダン川の水源であるテル・ダン自然保護区内の伏流水の採集を行いました。

テル・ダン自然保護区での採集作業(ヘブライ大学と共同調査)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加